WiMAXとiPhoneのテザリングの組み合わせ

現在のインターネット環境は、WiMAXとiPhoneを利用することで落ち着いています。
なぜこのふたつになったかの経緯を振り返ってみたいと思います。

WiMAXを契約したのは、引っ越しをして一人暮らしをすることになったことが理由です。
引っ越しをしてしばらくの間は、ノートパソコンをiPhoneのテザリングで繋いで使用していました。
しかしiPhoneの通信料には月7GBの制限があり、動画を見ようものならすぐに容量を超えてしまいます。

部屋に回線を引くことも考えたのですが、回線を引くには立会いや工事などの手順を踏まなければならず、単純に面倒だという気持ちがありました。
さらに仕事が忙しいため、部屋にいる時間はほんの少しという状態で、その僅かな時間にインターネットを使う為に回線を引くというのが、どうしても無駄が多いように感じていました。
しかもiPhoneのテザリングとは違い、外では使えません。

そこで考えたのが、部屋に固定回線を引かずにモバイルWiFiを持つということでした。
固定回線とそれほど変わらない料金で利用でき、外でも通信できるため、ノートパソコンを持ち歩く自分としては一番良い方法でした。

一方で、デメリットというか不便に思うこともあります。
まずは持ち物が増えるということ。WiMAXは普通のスマホに近いサイズと重さなので、それを持ち歩くのはとても邪魔です。
ただこれは、外で使う通信料がiPhoneのテザリングで足りるというのであれば、常に持ち歩く必要はないので使い方次第だと思います。
もうひとつは、 WiMAXに関しては電波の届くエリアが狭く感じることです。
建物の中や電車などでは繋がらないこともあり、ストレスになることもあります。

速度に関してはそれほど固定回線と差が無い気がしているので、外で使えない固定回線を契約するよりは、どこにでも持ち歩けるWiMAXを選んでよかったと思っています。

wimaxの新サービスの案内をチェック

先日、wimaxのサービス変更の案内が届いた。たしかwimax2だか+だか、正式名称は忘れた。なんにせよ速度が従来より圧倒的に速くなるとの事だが、そもそも現在契約中のサービスからして、十分な速度が出ているとは言えない状態なのであるが。

一昔前のADSLなんかもそうだったが、住んでる地域によっては最大50Mbps出るなどと謳っていても、実際は10Mbpsしか出ませんでした、なんてのがよくある話。まあ一応、速度アップだけでなく料金が安くなったりだとかスマホがタダで貰えたりだとか他にもメリットがいくつかあるとの事なので検討する事にした。

ちょっと自分でも色々検索。・・・念のため調べてみたのは正解だったか?なんでもこの新サービス、たしかに速度は速くできるのだが(ウチは95%ならないが)通信量が無制限ではなくなるそうなのだ。

たしか7GBだったか?やや違ってるかもしれないがどっちにしろ10GBに満たないのは間違いない。個人的にPCのネットの利用度合いに関してはヘビーではないと思うがミドル以上ではあると思っているので、そのレベルで10GB未満というのはちと足りないと言わざるを得ない。

そこにスマホの自宅使用分も加わるから間違いなく足りない。というのが決め手となり、案内は結局見送って現状維持。

私がwimaxを利用するようになった理由

もともとwimaxを利用することはほとんど考えていませんでした。wimaxを利用すれば通信費のコストが下がりそうな感じは漠然と持っていましたが、どのくらいのコストパフォーマンスであるのかを正確には知りませんでしたし、通信費が減らずとも増えないならそれで不満もなかったのです。

ルーターを持ち歩いていかなければならないということがいかにも面倒のように感じられたからです。

しかし、それが一転してwimaxの利用を考えるようになったのは、携帯電話のいわゆる二年縛りが終わるころになって携帯電話の機種変更を考えだしてからでした。何と新しい携帯電話の契約となると月額で平均して3千円以上のランニングコスト増となってしまうことが分かったのです。

このことが分かってからwimaxのことを調べだしたのですが、あまり使っていなかった自宅の光ファイバーの分も利用できるということが分かってから急速にwimaxの利用に傾いていきました。

調べていくと通信費の合計でかなりの額が削減できることが分かりましたし、同時にwimaxのスピードが遅いということに不安も出てきました。それでも最終的にはコストパフォーマンスの良さを上位にとってwimaxを利用することを決めたのです。

WiFiを比較してみたらBIGLOBEのWiMAXが一番良かった

私は今まで、イー・モバイルのポケットWiFiと、BIGLOBEのWi-Fi WALKER WiMAX 2のモバイルWiFiルーターを利用しました。

仕事でスマートフォンやタブレット、パソコンを利用することが多く、また自宅よりも外出先での利用頻度が高いため、持ち運びが便利なWiFiルーターを契約しています。

最近は公衆の無料wifiなども普及しているので、プライベートでは無料wifiを利用していますが、仕事では社外秘の資料を送付したりすること多く、セキュリティ面において脆弱なため利用しません。

2010年〜2013年にかけて、イー・モバイルのポケットWiFiを利用していましたが、地下鉄などでの電波状況が非常に悪く、また通信速度もかなり遅い事が利便性のデメリットでした。

2014年以降は、BIGLOBEのWi-Fi WALKER WiMAX 2を利用し、このWiMAXに変更してからは、地下鉄での電波状況・通信速度共に良く、利便性はかなり良くなりました。

なお、プロバイダーでBIGLOBEを選択した理由は、キャンペーンや特典が他社と比べて手厚かったからです。

wimax比較サイト・.com

実を言うと、月額利用料はどのプロバイダーでもだいたい4,000円程度と、ほとんど変わりません。

デメリットは、フル充電しても最大利用時間が4〜6時間しか持たないことくらいですが、これはどのwifiルーターでも同じことが言えます。

BIGLOBEのWiMAXは今まで利用したモバイルルーターの中で最も電波状況、通信速度共に良く大変満足しています。

インターネットの速さを比較してみる

インターネットと言っても、Wi-Fi、光回線や色々あるが、一番安定する速度は有線の光である。これは物理上パソコンにLANケーブルに刺すので、まず接続が途切れる事は無い。

早さに限っても光ファイバーの方が圧倒的に安定して早い。YouTubeなどニコニコ動画などの動画を毎日見たり、ストリーミング再生で音楽を聞人は、光回線は上限が無いので、光回線を使った方が速度が安定しているので、ストレス無く見る事が出来る。しかし、光回線だからといって、サーバーに書いてある基準値よりは早く無いのが現実問題である。基地局より遠くなれば当然回線は遅くなる。あくまでサーバー側が計測した、最大計測数値なのである。これは住んでいる場所によるのて、明確な速度はおおよそである。

Wi-FiやWiMAXなどと言った無線LANは規格上電波なので、不安定である。ファイルのダウンロード時に回線が切れてしまい、ファイルがダウンロード出来ない時もある。またファイルが大きい物や、アップロードのファイルが大きい場合は、時間かかる上に、公共Wi-Fi以外の電波では直ぐに、三日で1Gなどの規制上限に引っかかってしまいます。

しかし、利点は大いにあります。いつでもノートパソコンやタブレットでインターネットに接続出来たり、回線工事が不要で、さらに光回線より安くて、手頃である。単身赴任や、1人暮らしには向いています。また快適にネットサーフィンが出来るレベルであれば10Mbpsあれば充分である。

どちらもメリット、デメリットはありますが、以上の事から、自分はどちらに向いているのか検討したら如何でしょうか。

WiMaxとXiのエリア拡大の差

私は最寄のコンビニまで車で15分かかるほどの田舎に住んでいます。

家にネット回線の工事をしてもらうまでは、ドコモの「Xi(クロッシィ)」というものを使っていました。

ドコモ「Xi(クロッシィ)」

自宅では、ドコモのXiは最初は「3G回線」でしか繋がりませんでした。「3G回線」は、YouTube等で30分の動画を見るために事前に30分程あらかじめページを開いて動画を読み込ませておく、といった工夫が必要なほどでした。

半年ほどしてからはやっとで自宅まで「LTE接続」の範囲内に入り、快適な回線速度で繋げるようになりました。

回線工事を行ってからは、ドコモのXiを解約し、変わりに出かけた先でネット接続できるようにするために、auの「WiMax」を使い始めました。

au「WiMax」

もともと出かけた先でネットが快適に使えればよかったので契約したので問題ないのですが、試しに自宅で使ってみると、「WiMax」ではなく「3G回線」でしか使用できませんでした。出かけた先ではちゃんと「WiMax」に繋がります。

回線工事してから2年程経ちますがいまだにauはWiMaxのエリア範囲内には入っていません(他の会社がでWiMaxが繋がるかは不明)。

契約する会社によってWiMaxやLTEのエリア拡大に相当差があるみたいですね。

ちなみにauのWiMaxの方がXiより1000円近く安かったのですが、最近では料金が変わり、Xiと同じ値段ぐらいになっていますが、いまだに自宅では3G回線でしか繋げません。

いつの日か、どこにいても快適な速度でネットが出来るようになる時代が来て欲しいものです。

テザリングはBluetoothを使うべき

最近ではスマートフォンやiPhone、またはパソコンを持つ人は増えてきているでしょう。そしてますますWiFiを利用してインターネットやビジネスをされる方も多いですね。そこでいたるところにある無料WiFiについてメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

カフェや駅などにあるWi-Fiはパスワードキーがあるものとパスワードなしで使用できるものがあります。パスワード入力不要のものはものすごく便利で簡単に使えますが、まずセキュリティーは手薄です。パスワードキー入力が必要ないということはそれだけセキュリティー面にも力を入れてないと考えてください。

次に無料WiFiでパスワードが必要なものはまだ比べたら安全度は上がります。しかし所詮、公衆無線なのでセキュリティーは劣ります。

これはたまに聞くのですが、無料Wi-Fiを使用していてデバイスのデータが盗まれるというのは聞いたことがあります。したがって、それを守る面でも各デバイスにはVPNというソフトまたはアプリを必ず入れてWi-Fi時には起動して使うようにしたほうが賢明です。

VPNというのは簡単に言うと、自分だけのネットワーク回線を使用してインターネットをするというもので、セキュリティー面はかなり期待できます。またVPNは無料のものもあるので手軽にゲットできます。